心配症とパニック障害

 

 

心配症とパニック障害について

過度の心配症の方は、パニック障害といった病気を引き起こす原因となるので、十分に注意しなければなりません。

 

パニック障害の定義としては、「強い恐怖感や不快感」「胸がドキドキする」「息切れや息苦しさ」「胸の痛み」「めまいやふらつき」「感覚の麻痺」「手足の冷え」「身震い」といった症状が突然あらわれる状態を指します。

 

個人によって引き起こされる症状には違いが生じておりますが、強烈な発作のために立っていることもままならない状態が続き、救急車で病院に担ぎ込まれることもあるのです。

 

発作のピークが過ぎると、1分から1時間程度で症状はおさまり、病院で専門的な検査を受けても身体的な異常が見当たらないのが、パニック障害の最も恐ろしいところなのではないでしょうか。

 

一概には説明できないものの、不安を感じる脳の仕組みが壊れることが原因なのではないかと考えられており、心配症の方は考えても仕方のないようなことに対して常に不安や心配を感じるので、この病気を患いやすくなっております。

 

軽度の心配症であればまだしも、重度の症状の方は生きているだけで不安を抱えるケースも少なくないですし、普通の人よりもストレスが加わっていると考えられるので、パニック障害のリスクが高いというわけです。

 

また、「責任感が強い」「生真面目」「几帳面」という方もパニック障害を患いやすくなっており、突然引き起こされる不快な身体的な症状に悩まされております。

 

発作の程度が弱かったとしても、「同じような症状がまた外出中に引き起こされるのではないか?」という不安感に捉われ、ビクビクしながら生きていかなければならないというわけです。

 

このような状態が長く続けば精神的なダメージは計り知れませんし、日常生活に支障が出ることは間違いないので、パニック障害を患っている可能性がある方は、一度病院で診察を受けた方が良いでしょう。

 

病院では、主にセロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を服用し、発作を抑えることから治療が進み、少し症状が改善されたのであれば、予期不安や広場恐怖の克服を目指して認知行動療法も併用していきます。

 

医師の指示に従っていれば、短期間でこの病気の治療に成功するはずですが、服用する医薬品には副作用があり、吐き気や下痢といった症状が引き起こされやすいため、用法と用量に関してはきちんと指示に従うべきです。

 

もちろん、症状が改善されてきたのであれば、パニック障害の要因かもしれない心配症を克服しなければならないため、どのような対策を行えば良いのか医師に伺ってみてください。

 

 

 

 


「心配症と病気」に関するページ