心配症とセロトニン

 

 

心配症とセロトニンについて

個人によって心配症の症状には違いがあるので、一概には説明することはできませんが、心配症で悩む方の多くは脳内物質のセロトニンの分泌が減少している傾向があります。

 

脳の中に存在する神経伝達物質の一つがセロトニンで、この物質が十分に分泌されている状態で人間は幸せな気持ちになれると考えられているので、「幸せ物質」とも呼ばれているのです。

 

このセロトニンの量が減少すれば、うつや自律神経失調症といった病気の原因ともなり、気分が落ち込みやすくなるため、心配症の原因となることはお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

とある研究結果によると、「日本人はプレッシャーに弱い」「日本人はあがり症が多い」と言われており、緊張に弱い体質を裏付けるのがセロトニン・トランスポータ遺伝子となっております。

 

脳内物質のセロトニンを運ぶ役割を果たしているのがトランスポータで、この型によって緊張に対するビクビク度合いが変化していくのです。

 

日本人で最も多いのはセロトニンの量が少ないSSタイプで、ラテン系の人々は図太いタイプが多いというデータが出ております。

 

つまり、他国と比べて日本人はセロトニントランスポーターが少ない人が多く、不安やストレスを感じやすいということで、心配症の方が多いのは仕方がないかもしれません。

 

心配症の方に多いのはSSタイプのセロトニントランスポーターで、日本人の約68%アメリカ人の約19%、一方でセロトニントランスポーターが多いLLタイプは、日本人の約2%アメリカ人の約32%なので、人種による違いだと説明できます。

 

それでも、あまりにも過度の心配症の方はストレスを溜め込みやすいですし、不安が不安を呼び込んで日常生活にも悪影響が生じるかもしれないので、脳内のセロトニンを増やすような努力をした方が良いでしょう。

 

仮に、セロトニンを直接経口摂取や注射で取り入れたとしても、そのままの形で脳に運ばれるわけではないため、胃腸を通じて便や尿として排出されてしまいます。

 

そこで、「早寝早起きを心掛ける」「早朝に太陽の光を浴びる」「トリプトファンを含む食べ物を食べる」という対策を練るべきです。

 

セロトニンは太陽が出ている早朝から昼間にかけての時間帯に分泌されやすく、日が沈んでからは分泌量が減るという特徴があります。

 

そのため、早起きをして早朝に太陽の光を浴び、夜更かしせずに早く寝て人間が本来持っている生活リズムを身に付けることで、セロトニン神経の活性化に繋がるのです。

 

また、セロトニンを作り出しているのは、脳内に存在するほう線核という場所で、その材料の一つが体内では生成されないトリプトファンとなっているため、バナナや豆乳、ヨーグルトやひまわりの種といった食材の摂取を心掛けて心配症を改善してみてください。

 

 

 

 


「心配症の原因」に関するページ