心配症とストレス

 

 

心配症とストレスについて

普段の生活によって加わるストレスが原因で、心配症になっているという方は多く、どうなるか分からない先のことに対して不安や恐怖を感じてしまいます。

 

確かに、ストレスが強く自分に降りかかっている時は不安も比例して強く感じやすくなり、先のことが心配で仕方がないという状態に陥ってしまうのです。

 

私たち人間がストレスから完全に逃れることは不可能ですし、「嬉しい」「楽しい」という感情もストレスの一種ということで、人間にとって必要だとも言えます。

 

しかし、負のストレスをあまりにも溜め込み過ぎていると、心配症の症状は余計に酷くなっていきますし、様々な病気を患うリスクも生じるということで、上手くストレスをマネジメントしていかなければなりません。

 

とある専門家によると、心配症の方が軽度のうつや病気を患うと、他の人よりも死亡のリスクが高まるという見解が出ております。

 

心配症で不安を抱えているような状態で、怪我をしたり心臓病を患ったりと、何かしらの病気を抱え込むと平常時で情緒が安定している時と比べて致死率が高くなるのです。

 

うつや不安神経症といった症状がなく、精神的に感じている苦痛のレベルが低くても、心配症の人々は死亡の危険性があるということで、原因となるストレスを上手く発散しなければならないということがお分かり頂けるのではないでしょうか。

 

ストレスが全ての心配症の原因となっているわけではありませんが、心の不安を掻き立てるような要因の一つということは間違いないので、日頃からストレスと上手に付き合っていくことで、多少は心配症を改善できます。

 

それに、ストレスを抱えていると何事に対してもマイナス思考となり、心配症を改善するためにはプラス思考に変えなければならないため、上手に発散させなければならないというわけです。

 

ストレスの効果的な発散方法に関しては、人によって考え方が異なるので一概には説明できないものの、自分が楽しいと感じたりリラックスしたりできることを考えるのが良いかもしれません。

 

実際に何をすれば良いのか分からないという方のために、下記では幾つかのストレス解消法をご紹介しているので、心配症の方は実際に試してみてください。

 

 

・不要な紙を破りまくる

・ウォーキングやジョギングといった運動で汗を流す

・リラックスできる音楽を聞く

・半身浴や全身浴で身体を温める

・自分が不満に思っていることをノートに書き出す

・ヒトカラで大声を出す

・部屋の中の掃除をする

・自分の好きな地域に旅行に出掛ける

・自分の趣味に時間を忘れてひたすら没頭する

・友人と買い物に出掛ける

・ティータイムを設ける

・自分が満足するまで睡眠を取る

・手足や身体などをマッサージしてもらう

・心地良い香りのアロマテラピーを楽しむ

 

 

 

 


「心配症の原因」に関するページ