心配症は努力で改善できるの?

 

 

心配症は努力で改善できるの?

「心配症は努力で改善できるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

個人の症状によって異なるので一概には説明できないものの、努力によってある程度は改善が可能となっており、日常生活に一工夫が必要なのです。

 

もちろん、全ての方が心配症を解消しなければならないというわけではなく、軽度の症状であれば何も問題ありません。

 

人よりも慎重というだけであって、これは個性の一つですし、何をするにも慎重になることで、事前に危険を察知して逃れることができます。

 

しかし、あまりにもその度が過ぎるという方は、心配症が故に心に大きな負担がかかり、ストレスが溜まって良くない影響が引き起こされるかもしれないので、今の状況を打開しなければならないのです。

 

心配症の克服方法は幾つもあり、個人によって適した方法は異なるものの、不安感から逃げずに向かい合い、不安だと受け入れるように努力をすれば、だんだんと解消されていきます。

 

人間であれば不安を抱えること自体は仕方がありませんし、生きていて道を見失ったり迷ったりすることは誰にでもあるはずです。

 

その不安を恐怖だと頭の中で思い込む傾向が心配症の人にはあり、幾つもの不安が積み重なって精神に異常を来たし、強迫性障害やうつ病といった病気を患ってしまいます。

 

その点、不安を受け入れて生活を送っていれば、心の負担は多少は改善されるはずですし、不安が怖いとは思わなくなるので、心配症の方でも努力をすれば普通の人と同じような生活を送れるようになるのではないでしょうか。

 

また、頭を駆け巡る不安から逃れるために、ひたすら別のことに熱中するという方法も、心配症の克服として適しており、実際に実行している方は多くいらっしゃいます。

 

ダイエーホークスの監督をしている王さんは、誰もが知っている有名人物であり、とんでもない偉業を成し遂げた一人です。

 

この王さんは、「明日からホームランを打てなくなるかもしれない」という不安感でいっぱいになった時に、真夜中でも畳が擦り減るほどバッドを振り続けていたという話があります。

 

他の人が想像するよりも遥かに上をいくような努力を積み重ねることで、「これだけやったのだから打てないはずがない」と自分に言い聞かせ、不安や心配を努力で打ち消したというわけです。

 

つまり、自分の中で今できることを必死に行えば、自然と不安感は解消されて心が落ち着くはずですし、何もしないからこそ心配症の方は不安で押し潰されそうになるということを頭に入れておいてください。

 

 

 

 


「心配症に関する疑問」のページ