心配症の人は旅行できるの?

 

 

心配症の人は旅行できるの?

「心配症の自分は旅行できるのだろうか?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、心配症の人は普通の人が考えもしないような不安を抱えてしまうため、旅行に出掛けるのも一苦労です。

 

例えば、「旅行中に空き巣に入られないだろうか?」「ガス栓を閉め忘れていないだろうか?」「窓を開けっぱなしにしていないだろうか?」という不安が頭をよぎります。

 

何度も確認しても自分では納得いかず、旅行どころか普通に外出するのにも数時間を費やすという人はいらっしゃるのです。

 

これは自分の性格なので直ぐに改善するのは無理な話ですし、少しずつネガティブな発想を取り除くような努力をしなければなりません。

 

また、心配症の人は旅行に持って行く持ち物のチェックに時間がかかりやすく、「○○は忘れていないだろうか?」「○○は必要になるのだろうか?」と出発までに長い時間を費やします。

 

特に、海外旅行に出掛けるとなればその不安は一層増し、「忘れ物をしたらどうしよう」と恐怖心に駆られることもあるのです。

 

そこで、以下では海外旅行で必要となる代表的な持ち物を記載しているので、何が必要となるのかチェックしてみてください。

 

 

・パスポート

・パスポートのコピー

・航空券

・お財布(現金)

・海外損害保険証

・クレジットカード

・各種証明書のコピー

・証明写真

・スーツケース

・バッグ

・携帯電話

・デジタルカメラ

・充電用USBケーブル

・筆記用具

・セキュリティポーチ

・ウェットティッシュ

・くし

・化粧品

・医薬品

・マスク

・メイク落としシート

・衣類

・日用品

・腕時計

・ビニール袋

 

 

細かいものも挙げればこのページでは書き切れないものの、上記さえ用意しておけば安全に海外旅行を楽しめます。

 

不安で不安で仕方がないという人は、海外旅行の前日に持ち物を用意するのではなく、数日前から前もって準備しておくのが良いかもしれません。

 

心配症の人に、「心配するな」「気にするな」と言っても考えを改め直してくれるわけではありませんが、考え得る最悪の事態に陥るケースは基本的にないのです。

 

あまりにも心配し過ぎたらせっかくの旅行を楽しめなくなりますし、一緒に出掛ける友人や家族に迷惑がかかります。

 

そのため、あまりにも心配症の度が過ぎるという人は、旅行に出掛ける数ヶ月前から心配症を克服するための努力をしておくべきです。

 

ストレス発散やポジティブシンキングを心掛けたりしていれば、些細なことが気にならなくなるので、もっと大らかに日常生活を過ごすようにしてください。

 

 

 

 


「心配症に関する疑問」のページ