心配症とアロマ

 

 

心配症とアロマについて

不安やプレッシャーを抱えることは誰でもありますし、それは心配症の方でも正常な方でも一緒だと説明できます。

 

しかし、その不安やプレッシャーがあまりにも長い期間に渡って続くと、心が休まることなく、ストレスが溜まって頭痛や不眠といった症状が引き起こされるので、心配症の方にはアロマの使用が最適です。

 

アロマオイルとは、植物から抽出した液体のことで、1990年代前半からアロマテラピーが女性の間で流行し、心と身体をリラックスさせられるということで、現在では一つの文化として定着しました。

 

鎮痛作用のあるアロマオイルを日常生活に取り入れることで、心に安らぎを与えてストレスの解消に繋がるので、心配症の方に適したアイテムだということはお分かり頂けるはずです。

 

「何か悪いことが起こるかもしれない」という不安が必要以上に高まると、心配症の方は特に恐怖に変わることがあり、心が落ち着かなくなったり息苦しくなったりします。

 

そのような状態が続けば、仕事やプライベートに悪影響が引き起こされることは間違いないですし、本当に病気を患ってしまったのではと感じるほどの症状に悩まされるケースもあるのです。

 

「絶対に安心」「絶対に何も起こらない」と神様に保証してもらえれば、心配症の方でも安心して生活を送れますが、そんなことが起こり得るはずがありません。

 

つまり、心配症の方は自分自身の力によって不安を少しでも拭い去り、恐怖を感じないような対策をしなければならないため、アロマオイルの使用が適していると説明できます。

 

アロマオイルはエッセンシャルオイル(精油)とも呼ばれており、ハーブといった有効成分を抽出したこのオイルは何と300種類以上にも及ぶのです。

 

この数あるアロマオイルの中で、自分が気に入った香りのものを使用すれば心身ともに安らぎを与えてくれますし、今まで感じていた不安が嘘のように消え去るのではないでしょうか。

 

感情的なストレスを受け止める「マジョラム」「クラリセージ」、不安といった感情を取り除く「ラベンダー」「ベルガモット」、心に元気と活力を与える「ローズマリー」「ペパーミント」、心に喜びと幸せを与える「イランイラン」「ジャスミン」が心配症の方に適しております。

 

空気中に心地良い香りを漂わせる芳香浴や、少し熱めのお湯の中にアロマオイルを入れて入浴する方法が一般的で、精油を植物性オイルで薄めてマッサージやスキンケアに使用するのも選択肢の一つです。

 

今現在感じている不安を全て取り除くことができないにしても、心を落ち着けるだけでも何かしらの効果は得られるはずなので、心配症の方は実際にアロマオイルを使ってみてください。

 

 

 

 


「心配症を改善しよう」に関するページ