心配症と漢方

 

 

心配症と漢方について

不安感が異常に高まったり心配しすぎたりしてしまう心配症の方は、「何かを失うのでは?」「大きな失敗をしてしまうのでは?」とネガティブな考えを抱くという特徴があります。

 

心配症の方は行動している中で心が休まることがなく、「心配しなくても大丈夫」と言い聞かせていても、心配事が完全に拭い去れるわけではないため適したアプローチとは言えません。

 

そこで、心配症の方には漢方薬の服用が実に適しており、東洋医学では心を配りすぎて気が減ると、身体や心も同時に傷付けられると考えられております。

 

気の使い方を正すことは心配症の克服には必要で、普段の生活からのアプローチだけでは心配症を助長させることもあるため、漢方薬といった医薬品に頼った方が良いというわけです。

 

実際に、不安神経症や強迫性障害といった精神的な病気を患っている方に、漢方薬が処方されるケースは意外と多く、体質改善を図ることによって引き起こされている症状を少しずつ和らげていきます。

 

他の医薬品とは異なり、漢方は副作用が非常に少ないという特徴があるため、自分の体質に合ったものを医師から処方されれば、安全に服用していくことができるのです。

 

心の病は原因が複雑に絡み合っているケースが多く、心配症は病気ではないとしても、正常な人と比べて不安神経症や強迫性障害を患うリスクは高まっております。

 

一度精神的な病気を患うと、治りにくいという特徴があるため、症状が重症化する前に自分の体質に合った漢方を服用し、心配症を和らげていくのがベストな対応というわけです。

 

もちろん、素人ではどのような漢方を服用すれば良いのか分からないはずなので、自己判断で決めるのではなく、病院を受診して自分の症状を伝え、医師から処方してもらわなければなりません。

 

以上のことを把握した上で、下記では心配症の方に適した漢方を幾つかご紹介しているので、是非参考にしてみてください。

 

 

人参養栄湯(にんじんようえいとう)・・・心労が酷くなって不安感が助長している時に適している

 

帰脾湯(きひとう)・・・疲れやすく動悸を感じやすい方に処方される

 

逍遥散(しょうようさん)・・・不安感とともに憂鬱感が強い時におすすめ

 

血府逐オ湯(けっぷちくおとう)・・・精神的な緊張が強くイライラしたり心が落ち着かない時に適している

 

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)・・・「やる気がない」「面倒くさがる」「何事にも活気が見られない」時に最適

 

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)・・・精神的に不安定な状態の時に用いられる

 

 

 

 


「心配症を改善しよう」に関するページ