心配症の方を落ち着かせる

 

 

心配症の方を落ち着かせるには

「心配症の方を落ち着かせるにはどうすれば良いの?」という疑問を抱える方がいらっしゃいます。

 

確かに、不安や心配事があまりにも多すぎると、イライラしてそわそわした気分になってしまいますし、そのような人が近くにいる場合は、何とかして落ち着かせたいと考えるはずです。

 

個人の問題なので、自分がどうにかしなければならないものの、心配症の方を落ち着かせるには呼吸を整えるように指示するという方法が適しております。

 

普段から自分の呼吸を意識して生活を心掛ければ、不安な気持ちを吹き飛ばすことができますし、そのようなことを心掛けて生活を送っている方は少ないはずです。

 

不安でどうしようもない時にゆっくりと深呼吸をすることで、「不安や恐怖といった感情に対応できる」「自分を冷静に見られる」「自分を客観的に見られる」「気持ちに余裕ができて人間関係が上手くいく」というメリットを得られるでしょう。

 

難しい呼吸法を実践しなければならないというわけではありませんし、精神を集中させて深呼吸を行うだけで、心配症の方は心が落ち着いていきますし、嫌な気持ちを忘れられます。

 

また、自分の中で不安のレベルを客観的に評価し、常にその度合いを確かめるのも、心を落ち着かせる方法の一つです。

 

心配症の人に限らず、私たちが感じる不安というものは一定ではなく、常に行ったり来たりしているような状態だと考えられます。

 

「レベル1は完全に心が落ち着いた状態」「レベル2は少しリラックスしている状態」「レベル3は少し焦っている状態」「レベル4は適度に不安を感じている状態」「レベル5は極度に不安を感じている状態」と自分の中で分けてみるのです。

 

不安のレベルが一定ではないことを把握すれば、「極度の不安がいつまでも続くわけではない」という意識へと切り替わるため、それが安心感に繋がることは間違いありません。

 

安心感を高めたりリフレッシュしたりしていれば、心配症の方でも不安な気持ちがだんだんと薄れていくため、心を落ち着かせて正常な人と同じように生活を送れるというわけです。

 

もちろん、正常な不安ではなく、病的な不安を抱えているという方は、自分で意識したところで改善できない可能性があります。

 

その状態を放置していると、身体的な疾患が引き起こされるかもしれないので、早めに心療内科や精神科を受診して症状を専門医に診せた方が良いでしょう。

 

中には、突発性の強いパニック障害を引き起こすことがあるので、ただの心配症だと甘く見ないようにしてください。

 

 

 

 


「心配症を改善しよう」に関するページ