心配症と健康

 

 

心配症と健康について

心配症の方は、知らず知らずのうちに健康を害することになっているかもしれないので、注意が必要となります。

 

性格の範囲内での心配症であれば、人よりも少し慎重な性格というだけなので、健康を害することはありませんし、むしろ良い点の一つです。

 

例えば、心配症の方は大雑把に生きている人よりも、風邪やインフルエンザの予防を心掛けるはずなので、病気にかかるリスクは毎日の生活に注意を払っているだけでも軽減されます。

 

しかし、あまりにも過激な心配症の方は、普通の人が考えないようなことまで考えて不安になり、精神に異常を来たすこともあるので、健康が害されるのは珍しい話ではないのです。

 

何かと不安になりがちで、取り越し苦労になる心配症の方は、身体にダメージを与えて仕事にも悪影響を及ぼし、寿命が縮まるのではないかと考えられております。

 

確かに、必要のない不安事を抱えていると、ストレスが加わって体内で炎症が引き起こされ、免疫力も同時に低下して様々な病気が発症し、健康が乱されて寿命が短くなるのは決して不思議なことではありません。

 

つまり、「このままだと健康を失ってしまうのではないか?」「地位や収入を失ってしまうのではないか?」と不安になればなるほど、心配症の方は余計に健康を乱してしまうというわけです。

 

過度のストレスによって患いやすい病気は幾つもありますし、必要のないことまで心配してしまうため、決断力が遅くなってどんな行動を起こす際にも悪影響が生じます。

 

それに、心配症の方は「人に文句を言われたくない」「人に怒られたくない」という意識が働き、仕事や作業を効率良く進めることができないのです。

 

何事にも不安を感じているような状態なので、仕事自体に対するモチベーションも大きく下がっており、簡単な作業すらこなせなくなるという悪循環にハマることもあるでしょう。

 

このように、性格の一種である心配症でも、その症状があまりにも過激になれば日常生活にも支障が生じ、結果的に自分の健康が乱れていることも十分にあり得るのです。

 

確かに、自分の将来が見えなくて不安になる就職活動中の学生さんは多いですし、実際に大手の企業に勤めている方でもこの地位が永遠に続くという保証はありません。

 

そのため、不安感に襲われるのは決して珍しいことではないものの、心配症になって物事が解決するとは限らないので、毎日の生活で心配症を克服してみるべきです。

 

不安事を考えちゃいけないと心に刻むのではなく、不安事を考えなくてもいいんだと意識すれば大分心は楽になりますし、ポジティブに生きられるようにもなるので、一度自分の生活を見直してみてください。

 

 

 

 


「心配症と健康」に関するページ