面接による心配症を克服

 

 

面接による心配症を克服しよう

面接の時に、「上手く面接官の質問に答えられなかったらどうしよう」「面接官に悪い印象を与えてしまったらどうしよう」と、心配症の方はネガティブに考えてしまうはずです。

 

確かに、就職活動は自分の将来を決める重要なものですし、希望の企業に入りたいのであれば面接をクリアしなければならないので、過度の心配症の方はきちんと克服する必要があります。

 

心配症の度合いによって異なりますが、ネガティブな気持ちや不安感しか頭にないような状態であれば、面接でもそのイメージが表に出てしまうかもしれません。

 

楽観的であれば良いという単純な話ではないものの、面接官はネガティブな人間よりもポジティブな人間を採用したいと考えるはずなので、なるべく心配症は克服しておいた方が良いのです。

 

そこで、就職活動をしている大学生の方であれば、既に実行していることかもしれませんが、誰かを使って模擬面接のようなものを行ってみてください。

 

友人でも家族でも誰でも良いですし、相手を本物の面接官だと思って接し、質疑応答がきちんとできるようになるまで練習を積み重ねていきます。

 

何度も面接の練習を重ねていれば、実際に本番でもスムーズに答えられるようになりますし、だんだんと心配症が克服されて、自分の自信にも繋がるのです。

 

面接のやり方に正解はありませんが、面接官に良い印象を与えることは大事ですし、自信がない人間よりも自信のある人間を採用したいと企業側は考えるはずなので、そのための努力を事前に行っていれば心配症を克服できるのではないでしょうか。

 

また、就職や転職の面接では、会社の志望動機と自分の長所や短所について尋ねられることが多く、きちんと回答できるように練習しておく必要があります。

 

長所だけではなく、意外と自分の短所を説明するのは面接では大事となっており、これは自己分析ができているかどうかを面接官はチェックしているのです。

 

自分の長所は把握していても、短所からは目を背けているような人は多いのですが、自己分析がきちんとできている人であれば短所をカバーするような方法も心得ているので、ビジネスをしていくに当たって重要だということは間違いありません。

 

また、自分の短所をカバーするために、どのような対策を行っているか知ることで、ポジティブシンキングができる人かどうか判断しております。

 

ただ心配症なだけの人は、自分の短所ばかりをずらずらと並べ、物事をポジティブに考えられない人間だと思われてしまうため、前向きな考えを伝えるようにしてください。