心配症と年齢

 

 

心配症と年齢について

心配症になる年齢は決まっているわけではなく、大人でも子供でも同じように引き起こされる場合があります。

 

個人によってどのようなタイプの心配症なのか異なりますが、どの年齢の方でも基本的に必要のないことまで不安になり、悩み続けて行動を起こせなくなってしまうのです。

 

将来のことや未来のことなど、全ての方がどのような自分になるのか分からないと思いますが、そのような不確定要素まで不安になり、悩み続けるという特徴が心配症の方にはあります。

 

大人でも子供でも、どの年齢の方でも重度の心配症になると、普通の日常生活が送れなくなる可能性が高いため、できる限り克服した方が良いかもしれません。

 

また、子供の場合は育てた環境によって、大人になって心配症になるかどうか決まると考えられており、親御さんはお子さんの育て方について今一度見直す必要があります。

 

どんな親でも、子供には良い人生を送って欲しいということで、塾に通わせてテストで良い点を取らせたり、良い大学に入らせるために勉強させたりと、色々な努力をさせるはずです。

 

しかし、フランスの児童精神科医であるオリビエ・ルヴォル氏によると、知能指数が高い子供はそうでない子供と比べて、心配症になりやすいということが分かりました。

 

IQ値数だけではなく、育ててきた環境にもよって心配症になるかどうか異なるため、一概には説明することはできませんが、何かしらの関係性はあるようです。

 

知能指数が高いからこそ、身の回りの物事や生活に対して敏感になり、幼い年齢でも色々なことに興味を持って質問するという傾向があります。

 

様々な物事に対して興味を持ち、好奇心旺盛というのは決して悪いことではありませんが、心配症になるリスクを高めている可能性もあるので、場合によっては心理学者や精神科医と話をさせる機会を設けた方が良いでしょう。

 

現代は物騒な世界ということで、何事に対しても慎重になることは大事ですが、その心配症も度が過ぎると良くない影響が加わるようになるため、少しずつ克服した方が良いのです。

 

自分の将来のことや健康のことなど、先の見えない内容に関していつまでも悩んでいたところで仕方がありませんし、いくら努力をしても答えは見つからないので取り越し苦労だと説明できます。

 

些細なことをスルーできるようになれば、もっと今の人生を楽しめるはずですし、不安や心配で押し潰されるようなことはないはずなので、このサイトを読んで少しずつ心配症を克服するようにしてください。

 

 

 

 


「心配症と年齢」に関するページ