心配症の独身

 

 

心配症の独身について

30代や40代の独身の女性は心配症になるケースが多く、これは老後の心配が大きな要因だと説明できます。

 

男性であれば独身だとしても、仕事があるのでイキイキと生活を送ることができますし、「仕事が自分の生きがいだ」という方もいらっしゃるはずです。

 

しかし、バリバリと働いているようなキャリアウーマンではなく、パートで生活をしている独身の女性の場合、結婚をしなければ今のままの生活が続いてしまいます。

 

結婚に適した良い男性が見つかれば良いものの、恋愛感情が全くないような独身の女性は結婚することも仕事をすることもなく、大きな貯蓄を蓄えられなくて老後が不安になって心配症になるというわけです。

 

個人の生き方を否定するつもりはありませんが、確かに異性との付き合いを望まず、結婚する気がない独身の女性の場合、同居の親がいなくなれば一人で生計を立てていなかければなりません。

 

若い頃からバリバリと仕事に打ち込んでいればまだしも、30代や40代からキャリアウーマンになるのは難しいため、自分の将来が不安になって心配症になるのは仕方がないというわけです。

 

それでも、不安だからといって嘆いたりヤケになったりしても現状を変えることはできないので、独身の女性は今の自分には何が必要なのかきちんと考えた方が良いでしょう。

 

キャリアウーマンではなくとも、普通のパートで老後の貯金を蓄えることは不可能ではありませんし、独身だからといって人生が終わりというわけではないため、神経質になる必要は全くないというわけです。

 

むしろ、心配症になって必要以上に不安感を抱いていると、ストレスが溜まって身体的な異常も引き起こされるようになるので、病気を患うリスクは当然のように高まります。

 

先の心配をするくらいでしたら、今を楽しく生きた方が圧倒的に良いですし、結婚だけが女性の幸せというわけではないので、何か自分が熱中できる趣味を見つけた方が良いかもしれません。

 

また、独身の女性の中で心配症の人が多い理由として、人を信用できない人が多い傾向があるからだと考えられており、男性不信と言っても過言ではない女性がこれに当てはまります。

 

結婚とは、一つ屋根の下で赤の他人が何十年にも渡って一緒に生活をしていくことなので、相手の生活や価値観など全てが明らかになり、人を信用できないということは男性も信用できず、何かと疑いの目で見てしまうというわけです。

 

「自分がいない間に通帳を盗まれるのではないか?」「私は騙されているのではないか?」と疑い出せばキリがなく、どんどん人を信用できなくなってしまいます。

 

簡単に人を信頼することはできないかもしれませんが、男性を信用できないからこそ心配症になり、結婚から離れて独身の状態が続いているということを把握しておくべきです。

 

 

 

 


「心配症と年齢」に関するページ