心配症の彼氏

 

 

心配症の彼氏について

自分の彼氏があまりにも心配症過ぎるということで、嫌になってしまう女性の方はいらっしゃいます。

 

「ストーカーに狙われないように注意しろ」「下着を外に干すな」「露出の多い服装をするな」「香水をつけて良い香りを漂わせるな」というように、細かい指摘ばかりされたら嫌気が差すはずです。

 

別の考え方をすれば、「自分を大切にしてくれている」とも言えますが、あまりにも心配症の彼氏であれば自由にオシャレを楽しめなくなるので、女性にとっては苦しいのではないでしょうか。

 

心配されて嬉しいという気持ちとともに、束縛されているような気がして嫌になる女性は多いため、心配症の男性の方は女性との付き合い方で注意が必要だと説明できます。

 

もし、今現在の彼氏との付き合い方で不満を覚えているのであれば、ただその通りにして苦しむよりも、自分の気持ちを正直に伝えるべきです。

 

感情的になると相手の心を踏みにじることになりますし、彼氏も嫌がらせのために束縛しているわけではないということを頭に入れておかなければなりません。

 

心配症は個性や性格の一つだと言えますし、自分では分かっていても無意識のうちに気にしてしまう方が多いため、その心を汲み取ってあげることも大事だと言えます。

 

そこで、女性の方は彼氏に対して、束縛されているような気がして苦しいと冷静に伝え、自分の気持ちを正直に伝えるのがベストです。

 

たったこれだけの話し合いで破綻するようであれば、これから長い年月をかけて付き合っていくことは難しいですし、結婚を考えているのであれば妥協せずに自分の思いを相手に伝える必要があります。

 

自分の中だけで気持ちを押し殺していても、相手には伝わりませんし、心配症の彼氏は「自分のやっていることは正しい」と、過ちに気付くことなく今の束縛状態を続けてしまうはずです。

 

思いやりのある彼氏であれば、「心配症の自分が間違っていた」「彼女を心配するあまりに苦しめていた」と反省し、態度を改めようとするのではないでしょうか。

 

お互いに価値観が異なるのは当然のことですし、恋愛や結婚において今まで別の環境で育ってきた赤の他人が付き合っていくわけですから、多少のすれ違いが生じるのは仕方がないことです。

 

しかし、それを乗り越えることでより親密な関係になることは間違いないですし、そこで別れてしまうようであれば、それだけの関係だったと腹を括るしかありません。

 

このように、心配症の彼氏と付き合っていく場合は、自分の中で納得のいかないことがあるのならば、正直に伝えるようにしてください。

 

 

 

 


「心配症と年齢」に関するページ