心配症かどうかチェックしよう

 

 

心配症かどうかチェックしよう

「自分はもしかしたら過度の心配症かもしれない」「他人とは思考回路がちょっと違うかもしれない」という方は、一度心配症かどうかチェックしてみた方が良いかもしれません。

 

心配症だからといって、大きな病気を患っているわけではありませんが、毎日の生活の中で精神的な負荷が加わっている可能性が非常に高くなっております。

 

確かに、普通の人は考えないようなどうでも良いことに関しても、「どうすれば良いのか不安になる」といって悩み続けてしまうのです。

 

実際に、あまりにも心配症過ぎて、自分から行動を起こせないという方もおり、生きているだけで不安な気持ちになってしまうのではないでしょうか。

 

このような生活が長期的に渡って続けば、ストレスが溜まりますし、仕事にもプライベートにも悪影響が引き起こされるので、事前に心配症かどうかチェックしておいた方が良いというわけです。

 

自分のことを客観的に見つめて心配症かどうか判断するのは意外と難しいので、下記のチェックシートを閲覧して、どの程度の心配症なのか一度確かめてみてください。

 

 

・全てが上手くいっている時でも心配事がないか探してしまう

・周りでヒソヒソ話をされる自分のことではないかと疑う

・頭の中に不安や心配なことが突然浮かぶ

・子供の時から心配症だった

・ストレスの溜まる生活を送っている気がする

・出掛ける前に何度も持ち物チェックをしてしまう

・予定の時間に遅れないように普段から早めに家を出る

・他人に悩みすぎだと指摘されたことがある

・心配症が判断を曇らせているような気がする

・何か考え事をしていないと落ち着かない

・自分の健康について考えすぎる傾向がある

・お金に関しての不安がとてつもなく大きい

・将来自分がどのような仕事に就くのか不安になる

・死のことを考えると苦しくなる

・心配で何事にも覚束なくなることがある

・心配事がある時に大丈夫だと言われても信じられない

・同じ悩み事を1日に何回も考えてしまう

・何事に対しても先延ばしにする傾向がある

・常に何か悪いことが起こりそうだという予感がある

・自分の本当の姿を他人は知らないと思う

 

 

以下のチェックシートに当てはまる項目が多ければ多いほど、心配症の可能性が高いので、これからの生活には注意が必要となります。

 

軽度の心配症であればそこまで不安になる必要はありませんが、度が過ぎるとどんどんネガティブな人間になってしまいますし、ただ生活を送るだけでストレスが溜まることもあるため、少しずつ自分の思考を変えられるように努力してみてください。

 

 

 

 


「心配症の種類」に関するページ
重度の心配症
病的な心配症
度が過ぎる心配症
大雑把な心配症
・心配症かどうかチェックしよう