大雑把な心配症

 

 

大雑把な心配症について

「大雑把な性格の心配症の人はいるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

人によって性格は大きく異なるので一概には説明できないものの、基本的に心配症の人は大雑把ではなく神経質です。

 

むしろ、大雑把で何事も気にしないような人は心配症にはなりませんし、もう少し良い意味で適当に過ごしているのではないでしょうか。

 

心配症の人は些細なことでも不安になったり心配になったりしますし、時と場合によっては胸がギュっと押し潰されそうになることもあります。

 

「神経質で小さなことでも気になってしまう性格をどうしても変えられない」と悩んでいる人は少なくありません。

 

どちらかと言うと、男性よりも女性の方が多く、更年期を迎えた女性ほど心配症になりやすいという特徴があります。

 

もちろん、大雑把な女性もいらっしゃいますし、性別や年齢で決め付けることはできないはずです。

 

どちらにしても、過度の心配症では日常生活に支障が出ますし、ストレスが溜まってうつ病や自律神経失調症といった病気に発展することもあります。

 

普通の人ならば気にしないようなことでも気になってしまうのが心配症の特徴で、そのような状態が長期間に渡って続けば肉体的に精神的にも疲れるはずです。

 

そこで、大雑把な性格の人を少しは見習って、心配症を克服できるように努力してみてはいかがでしょうか。

 

心配症は病気ではないので内服薬を使って治療することはできませんし、あくまでも個人の性格の一種なので無理に改善する必要はないのです。

 

それでも、度が過ぎると他人とのコミュニケーションにも弊害が生じるので、「ポジティブな単語を呟く習慣をつける」「マイナス思考を排除する」「姿勢や表情から克服する」「自分の頭の中で良いイメージを妄想する」という対策を行ってみてください。

 

確実に心配症を克服できるわけではありませんが、ネガティブな考えを捨ててポジティブに生きられるように努力すれば、少しは大雑把な性格になります。

 

「大雑把だから良い」「心配症だからダメ」というわけではありませんし、心配症だからこそ未然に事故や事件を防げたというケースは少なくありません。

 

そのため、「今の心配症を少しだけ改善して大雑把な部分があれば十分」と気楽に考えていれば、心配症を克服することに対してストレスは感じないはずです。

 

ちょっとでもポジティブな気持ちが入れば、毎日の生活が今以上に楽しくなるはずなので、少しずつチャレンジしてみてください。

 

 

 

 


「心配症の種類」に関するページ