心配症と猜疑心

 

 

心配症と猜疑心について

心配症の方は何事にも対して疑い深く、人を信じたり尊重したりできなくなり、猜疑心が強いという特徴があります。

 

猜疑心とは相手の色々な行為に対して疑ったり妬んだりする気持ちのことを指し、相手が自分に悪影響を与えるのではないかと深く疑ってしまうのです。

 

確かに、心配症の方は普通の人の思考とは少々異なり、何事に対しても不安感を拭いきれないので、「友人に裏切られるのではないか?」「自分を騙そうとしているのではないか?」と猜疑心が強くなってしまうのは仕方がありません。

 

しかし、「人を見たら泥棒を思え」という考えはあまり良くありませんし、この世界は人と人との信頼関係で成り立っている部分もあります。

 

「絶対に人に騙されないように生きる」と警戒心を尖らせている人間には成功は訪れませんし、人を疑うことしかできない人生は寂しいのではないでしょうか。

 

もちろん、どんな人間でも馬鹿正直に信じれば良いというわけではありませんが、心の内に猜疑心が満ちていれば、外面をいかに取り繕ったとしても、冷たく暗い雰囲気は漂ってしまいます。

 

心配症であれば、更に暗いイメージが自分をつきまとってしまいますし、他人が信じられなくなるだけではなく、仕舞いには自分自身ですら信じることができなくなるかもしれないので、注意した方が良いというわけです。

 

猜疑心が強く心配症の方は、友情や家族愛、そして異性愛を失う結果になり兼ねませんし、そのような人生を送っていたとしてもつまらないと感じるようになります。

 

仕事だけではなく、大きな意味で人生における成功を勝ち取りたいと考えているのであれば、日頃から自分の心と身体をリラックスさせ、他人とコミュニケーションを取って信じる力を身に付けなければならないのです。

 

最初は他人を信じるような気持ちを持っていたとしても、心配症が酷くなればなるほど疑い深い心へと誘われてしまうので、もっと人生を気楽に考える努力をした方が良いでしょう。

 

まあ、他人を信頼することは難しくなくても、信用することは簡単ではないですし、今まで幾度と無く人に裏切られた経験があるという方は、猜疑心が強くなったとしても当然だと言えます。

 

それでも、人間として生きている以上、周りの人間を疑いながら生活していくのは寂しいことですし、最終的には一人ぼっちになってしまうかもしれません。

 

その先に待っているのが成功というケースは限りなく低いですし、奈落の果てへと落ちてしまうかもしれないので、極度の心配症の方は早めに克服する努力を行ってください。

 

 

 

 


「心配症の短所」に関するページ